水曜日, 5月 24, 2017
   
Text Size

site serch プレスリリース検索

「不動産王ビジネスモデル特許」ライセンス開始

今年2月17日にビジネスモデル特許を取得した不動産物件リクエストサイト「不動産王」(http://393939.com)を運営する株式会社都城地所不動産王開発チームは、7月1日より当該特許について国内の複数企業とのライセンス交渉を開始する事を決定した。

東京都内での代理人の選定も終わっており、随時交渉を開始する。

 

システムの拡散により、全国の宅建業で8割以上を占める零細企業のランニングコストの削減と利益率の向上を目的とし、ライセンシー選定にあたってはその点を重要視する。

同システムは、上記により平成20年度九州IT経営力大賞地域賞を受賞している。

当該特許は不動産関連であるが、飲食・自動車販売など幅広い分野で応用できる。

◆ライセンス内容は通常実施権もしくは専用実施権。
◆特許4924890号(情報提供システム及び方法)

 

「不動産王」特許とは?

最大の特徴は、データベースにデータを保有しない情報提供システムであり、お客様が一度に多数の営業マンに匿名でリクエストを配信でき、お客様の指定した一定の条件をクリアした営業マンの回答のみがお客様に伝わり、最終的にお客様による営業マンへのコンタクトによって直接交渉ができるもの。

現在主流のサイト閲覧型の情報流通システムと違い、「営業マン-お客様」双方の時間コスト及び労務コストを大幅に軽減でき、成約までの時間短縮に繋がる上、宅建業界内で多数を占める零細企業の費用対効果を格段に押し上げる事も可能になる。

また、当該特許は、携帯端末(携帯電話・スマートフォン・タブレット端末等)での利用を主軸に置いており、零細企業にとっては機動力の高い活用ができるものとなっている。

 

【本件に関するお問い合わせ先】

企業名:株式会社都城地所
担当者名:大草光介
TEL:0985-22-1093
Email: このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています。アドレスを確認するにはJavaScriptを有効にしてください