水曜日, 5月 24, 2017
   
Text Size

site serch プレスリリース検索

2013年神奈川県特色検査  高校別分析・対策を公開、最終回は柏陽高校など

株式会社湘南ゼミナール(本社 神奈川県横浜市、代表取締役社長 志賀明彦 1988年設立)は、2月18日(月)に実施された2013年度 神奈川県公立高校特色検査(自己表現検査)についての高校別分析と対策方法を、第一弾・第二弾と弊社ホームページにて公開してきました。

最終回となる今回は、柏陽高校・厚木高校・小田原高校の3校についての分析・対策例を提供しています。

 

● 学校ごとに見る特色検査の「特色」

分析詳細データでは学校ごとに、全体評、設問別分析表による詳細データ、内容解説の3項目に分けて解説し、各高校の特色検査の特色を明確にしています。

「何を読み」・「どう考え」・「どう表現するか」を軸に設問を分析することで、設問の難易度だけでなくそれぞれの設問の位置づけが把握しやすい内容となっています。また、実際に出題された設問より数問を抜粋し、その対策例を挙げて解説することで、より実践的な設問分析となっています。

 

・ 柏陽高校
『学力検査型の前半+特色ならではの後半、の「2段構成」』
全体評:前半と後半ではっきり異なる性格 ――全体には親しみやすい

・ 厚木高校
『英語と数学に明確に分けられた学力検査型問題』
全体評:明確な「英数重視」の応用問題 ―― 記述中心の発展型学力検査

・ 小田原高校
『いつもとちがう思考力を試す力作 ―― 特色検査の標準となるか?』
全体評:一貫したテーマ+はじめての素材=特色検査らしい難問
特色検査の高校別分析と対策 その3
(柏陽・厚木・小田原)http://www.shozemi.com/operation/news/130312.html

 

● 特色検査の高校別分析と対策 前2回の内容

特色検査の高校別分析と対策 その1(横浜翠嵐・希望ヶ丘・西湘(理数)) 2月26日(火)に公開済み
 http://www.shozemi.com/operation/news/130226.html

特色検査の高校別分析と対策 その2(湘南・平塚江南・YSFH) 3月5日(火)に公開済み
 http://www.shozemi.com/operation/news/130305.html

 

● その他特色検査関連リンク先

第1回 神奈川県特色検査模試  3月17日(日)開催
  https://www.shozemi.com/12tokushoku/index.html

特色検査対策特訓講座
 http://www.shozemi.com/12seminar/report.html

 

● 湘南ゼミナールについて

神奈川県・東京都・埼玉県に152校舎を展開する小学生・中学生・高校生対象の学習塾です。過去にもインタラクティブ授業のQE授業の開発、入退室記録システム(PASCA)の導入、「7つの習慣J」必修カリキュラム化など全国初の取り組みが多い、進取の気性に富んだ革新的な教育企業です。

2012年にはタブレット型学習端末とネットワークを活用した教育プラットフォーム「FLENS(フレンズ)」を立ち上げ、話題を呼びました。

 

● お問い合わせ先 株式会社湘南ゼミナール 広報部

TEL:045-664-4627
お問い合わせ:https://www.shozemi.com/contact/index.html
湘南ゼミナールホームページ: http://www.shozemi.com/